第3回こどもの読書推進に関する代表者シンポジウム

第3回絵本図書館ネットワーク主催「第3回子どもの読書推進に関する代表者シンポジウム」のポスター

絵本図書館ネットワーク主催の「第3回子どもの読書活動推進に関する代表者シンポジウム」に、オンラインzoomで、拝聴しました。

 

ノンフィクション作家 柳田邦夫先生の「地域に根をおろす地域活動」は、実際におこなっている 絵本の地域活動をお話してくださり、

 

こどもが身近に絵本とふれあう取り組みで、使われなくなった電話ボックスが再利用して、ボックスのなかに絵本が並べられていたり

 

イベントを通じて、地域のなかでふれあいを持つ工夫やアイデアが、とても勉強になりました。

 

 

午後のシンポジウムでは、100年後の人に伝えていきたいことの活動について、

 

100年後とは、おそらく20代以上のかたは、自分がいなくなった社会、世界のこと。

 

100年後の社会のために、いま取り組んでいる さまざまな取り組みや活動をお聴きしました。

 

子どもたちにとって、本という存在が、こころの自由になれる場所であり、

 

その場所は、大人も必要でここちよい場所になる。

 

絵本のもつ可能性と、あたたかさを学んで、微力ながらも頑張っていきたいなと思いました。

 

100年後たいせつな何を残せるか?をこころにとめて、絵本と向き合いたいと思っています。

 

 

 

絵本図書館ネットワーク(ホームページ)

 

 

*****

 

ご注文を承ります

 

絵本「かむにんじゃ」

ご飯をしっかり噛むことの大切さを、かむにんじゃが、こどもたちに分かりやすく教えてくれます。

 

●かむにんじゃのうた~かむかむメロディー

 iTunesストアでお買い求めいただけます

 YouTubeでご視聴いただけます

 

日本の食文化をつたえる出版社 SUGAO

 食育の絵本、食にまつわる本をお届けいたします。