埼玉県朝霞市の歴史めぐり

ふらりと埼玉県朝霞市の歴史めぐりをしてきました。

 

城山公園からスタート。

この公園は、400年前の戦国時代には、岡城があった城跡で、昭和47年には、縄文時代の貝塚がみつかったそうです。海のない埼玉県から貝塚???

 

つづいて、柊塚古墳

柊塚歴史公園に古墳がありました。古墳のなかは見れなかったのですが、公園には出土された家形埴輪の形のトイレや、馬形埴輪がありました。(写真5.6枚目)

 

そして、旧高橋家住宅です。

300年前、徳川吉宗の時代の頃の農家が、そのまま残っているそうです!茅葺き屋根の立派な家でした!中にはいると、広々として土間には竈がありました。ここで、なにか作っていたのかな~?と見ていると、ガイドさんが来て、この地域の歴史の話をしてくださいました。

 

江戸時代は物流が恵まれていて、このあたりの農家さんは、立派に家に住んでいたそうです。南向きで日当たりが 良く小さな囲炉裏が作られていました。昔は、この高台の場所から、海が見えていたそうです!海が、そう遠くなかったことから、貝塚が見つかったのかもしれない。海が見えていたなんて、不思議です!

 

震災や戦争も、くぐり抜けてきた旧高橋家住宅。(写真1~4枚目)

 

歴史的な家屋を、現在まで保ちつづけるということは、修理や手入れをしながら代々、守ってきてくれた人たちのおかげなんだな~感謝しました。

 

帰りには、膝折宿のある道を通って帰ってきました。

 

自分の住んでいる地域の歴史に、思いをめぐらせて、タイムスリップを楽しみました。

 

あなたも、歴史に思いをめぐらせてみませんか?

 

 

 

*****

 

絵本「かむにんじゃ」

ご飯をよく噛むことが楽しくなる絵本。

絵本の扉には、朝霞の水車が描かれています!

 

●絵本のうた~かむかむメロディー

iTunesストアでお買い求めいただけます

YouTubeでご視聴いただけます

 

出版社SUGAO

食育絵本、食にまつわる本をお届けいたします。